外壁塗装

外壁塗装はすべきかどうかというお声をよく伺いますが、ぜひ定期的に塗り替え工事を行っていただくことをおすすめします。

外壁材によって、塗り替えを行う時期は異なりますが、適切な時期に行うことで効果は大きく変わります。

塗り替えをしないとどうなる!?

■症状1:金属の錆による劣化、穴あきが発生
建物には至る所でさまざまな金属が使われています。
金属の錆を美観の問題と捉えている方がいらっしゃいますが、できる限り早めに対処されることをおすすめします。

金属の錆は、経年劣化によるもので、放置することで塗装や補修、修理では対応できなくなり、多額の費用が必要になる交換工事が必要になることがあります。

■症状2:窒素系サイディングの反り
窒素系サイディングとは、最近の住宅で多く使われているサイディング外壁を言います。
これは、表面に塗装加工が施されているため、約10年の年月を境に、塗装メンテナンスが必要になります。

塗り替えを行わず放置することで、表面に白い粉が付着したり、ひび割れが起こり、最終的には外壁自体が反り始めます。
反りの発生した外壁材は交換するほか手立てはないので、そうなる前に対処しましょう。

■症状3:目地部分のシーリングが劣化
外壁材やサッシのつなぎ目を埋めるシーリングがシワシワになっていたり、ちぎれていたりしませんか。
こうした症状があれば、早急にシーリング工事をご検討ください。

見た目の美しさにこだわる方が多いですが・・・
住まいの美観は、住んでいる方の考えに委ねられるのは当然ですが、色あせや黒ずみといった塗装の劣化の初期症状が出てきたら、ぜひ外壁の塗り替えをご検討ください。

ほかにも住まいのイメージチェンジを図るため、何度も塗り替えをされている方も多くいらっしゃいます。
バイカラーデザインやレンガ調など、こうしたデザイン面のご要望にもお応えいたします。
お客様だけの唯一無二の住まいを実現いたします。


大阪・神戸・近畿一円で外壁塗装、屋根塗装、防水工事をお探しなら芝工業にお任せください
日曜日・祝日の見積り、現地調査大歓迎!!

【代表直通】 090-4272-9561(8:00~19:00)
【FAX】 072-628-9107
【メール】 お問い合わせページ

一覧に戻る

▲TOPへ